農家生まれの文学少女。

ライターとして奔り出しました。

「思いやりのあるライターになってください。」〜人生のコンパスは憧れの人が指し示してくれた

 

金曜日の朝。

週末のこの日はどうしても疲れが溜まって早起きができなかったり、遅刻ギリギリで満員電車に駆け込み知らない誰かとおしくらまんじゅう…。

 

憂鬱な一日の始まりに体もココロももうイヤーーー!!!このまま会社サボってどこか知らない場所でのんびりしたい!!!!

 

そんな時、いつもより少し早く起きて「朝活」してみてはいかがでしょう。朝の出勤前にインプットの時間を設けると、なんとびっくり。不思議と心に余裕ができ、自分の視野が広がるんですよね。

 

朝の時間に余裕ができるとまるで魔法がかかったみたいに人にも優しくできる。これってなんでかな…

 

それはきっと自分の気持ちに「余白」や「隙間」ができ、いつもより丁寧に自分を整えることができるからだと思うのです。昨日は朝活の一環として渋谷のBOOK LABO TOKYOで毎週水曜日に開催されている『朝渋』に参加してきました。

 

  • 愛情という対価を注ぐ『課金対象』 の変化
  • 誰かに熱狂的にハマることは悪いことじゃない
  • お品書き
  •  『余白』を生む愛される欠陥は弱さを認める強さだった
  • 「好かれる人間」がなぜ好かれるかを考える
  • 「思いやりのあるライター」になってください。
  • 人生のコンパスは憧れの人が指し示してくれた
    • おまけ

 

 

続きを読む

秋田の若手イケメン蔵人たちによる日本酒革命のファンファーレ

f:id:minamaru-0411:20170714164017j:plain

 

「日本酒が苦手だ。」

そう思ったのは東京に来て2年目の春。4月に20歳を迎えた私の成人祝いに、当時働いていたアルバイト先の人達が連れて行ってくれた居酒屋。そこはいかにも大学生が毎晩通いそうな安くて気軽な雰囲気の空間だった。

 

もともとそれほどお酒が強くない私にとって【飲み放題】というのは、ポケモンでいうところの手持ちのポケモン6体全部をコイキングのまま四天王に挑むくらいの難易度できっと誰もがそんな無謀な試みをしようとはしないだろうというくらいの気持ちになるのだ。

 

こんな「まずい」「ぬるい」「うすい」の三拍子揃ったお酒とご飯に2時間で3000円も取られるなんて馬鹿らしい。そう心の中で思っていた学生時代。しかしバイト仲間がせっかく自分のために企画してくれた誕生日会に本人が不参加なんて、チョコバナナのない夏祭りと一緒。※チョコバナナなくても困らないよという人はごめんなさい。

 

そう思い、重い腰を上げて参加した。案の定、出された料理はいつからその定位置で常温に放置されていたのかわからないほど色の悪いお刺身や、しなしなになった揚げ物。これでもかってくらいにかけられたサラダ風味のシーザードレッシング。

 

「今日は奢りだし文句言わないゾ……。」

 

必死に自分に言い聞かせつつ、さっき家で作った自家製のケイクサレに想いを馳せていた。そんな私の気持ちを知ってかしらずか「今日はお祝いだから遠慮なく飲んで食べてな!」と全力の笑顔でもてなしてくれる幹事のバイトリーダーの男の子。接客は一流並だし、この笑顔で対応されたら食事や酒が不味くてもまた来てしまうなあ、と身内ながらに思った。

 

誕生日会は思いの外すごく楽しくて口に入れるもののクオリティーを除けば、最高に幸せな時間だった。心の底から来てよかったなあとも思った。そして人間という生き物はまずい酒でも酔っ払うことはできる。いい感じにお酒が回ってきた頃、飲み放題のメニューの中に日本酒があったことに気づく。好奇心が先行して頼んでみたのが運の尽きだった。

 

「うううuっっっえぇ…!!!まッッッッッッッtズい!!!!!」

 

あまりの衝撃に思わず、普段口にしないように心がけていた汚い言葉を発してしまった。バイトの人たちが一斉にこっちを見て目を丸くし、数秒後に大爆笑が湧き上がる。「だってこれびっくりするくらい美味しくないんだもん!日本酒ってこんなに不味いんだ…私の苦手なお酒、日本酒だわ…」自分の発した言葉に後から恥ずかしさがこみ上げてきて必死に言い訳をする。

 

そこにいたバイト仲間の人たちも私が差し出したおちょこを回し飲んだ後、口々に「ほんとだwこれは不味すぎッw」と共感してくれたのでそこで私の中の「日本酒=苦手なお酒」という等式が成立してしまった。

 

続きを読む

「何かしたい!」をカタチにする〜秋田の大学生が創る【アキコネ】で人と人との繋がりから見えて来たもの

f:id:minamaru-0411:20170703182451j:plain

 大学に入学して、日々バイトに部活、サークル活動と励む中で「なにか違う」「なにか物足りない」と思ったことはありませんか…?キラキラした人たちはなぜあんなに輝いてるのでしょう。

 

「何かしたいけど何をしたらいいんだろう」

 

そんな曖昧すぎる言葉から生まれた今回のイベントはまさに、そんな迷える子羊学生さんが自分の「やりたい」をカタチにする環境を見つけられるマッチング牧場でした。

 

曖昧』という言葉は本来、マイナスのイメージで使われることが多いですよね。しかし、はじまりというのは全て曖昧であやふや。なおかつ、とっても繊細で壊れやすいモノで構成されています。それを生かすも殺すもその人の熱量だったり、周りからの声だったりするのです。

 

はじめて出来た夢。誰かに話すとしたら、あなたならどんな人に話しますか?

 

おそらく見ず知らずの人ではなく、自分の身近にいる信頼できる存在なのではないでしょうか。無意識のうちにこの人なら自分を応援してくれる、肯定してくれる、と思う人を選んでたりするのですよね。そこからどんどん、人と人との橋を渡り、知らないうちに自分の名前だけが一人歩きしたりして……。

 

ゴホンッ。前置きが長くなってしまいましたが、今日ご紹介するイベントの主催者代表を務める澤口駿亮さんもきっとはじめは『曖昧』だったはず。でも、それを口に出し言葉にすることによって、面白いコンテンツを持った人たちが芋づる式で賛同していくことで成し得たのです。

  • 秋田をコネクトする(繋げる)アキコネとは?
  • 入場料5円という破格で開催できたわけ
  • 人と人との繋がる空間にある3つのF
    • 【FOOD】美食の郷あきたのコラボ
      • 1.【秋田県産豚と米】×【アフリカのザンビア料理】
      • 2.【秋田が誇る日本酒】×【秋田の学生】
    • 【FRIENDS】秋田の学生団体の人たちとの交流
      •  1.バスケで秋田を元気に!ハピネッツガールはやはり秋田美人
      • 2.カンボジアの人々をハッピーアイスで笑顔に
      • 3.『想い』から丹精込めて育てる。農耕型スタートアップ!?
    • 【FUN】秋田人による新しい取り組み
      • 1.田舎暮らし体験と運転免許ゲットで一石二鳥!?
      • 2.会場を沸かせた秋田の大学生によるダンスパフォーマンス
  • アキコネを通して学んだ3つの「F」
    • 【Follow】助け合いのこころ。
    • Flat】対等なこころ。
    • 【Footwork】行動するこころ。
  • 終わりに

 

続きを読む

今日からあなたもカープ女子。〜定価300円の「ZINE」に込められた好きをカタチにするということ

 

出会いとは唐突でひょんな事から生まれるように思えるが、実はその正体は偶然と呼ばれる綿密に仕組まれた計画的確信犯だったりする。

 

そう思うようになったのは、言葉から逃げずにまっすぐに向き合おうと決めたあの日から。やりたいことを選べるように、会いたい人も選べるし、聞きたい言葉も選べる。

 

自然と薄っぺらい言葉を並べる人と話すのが苦痛になっていた今日この頃。なんの中身もない空っぽな乾燥したヘチマのような言葉たち。

 

小学生の頃、学校で育てたヘチマでたわしを作った時の衝撃を思い出す。こんな硬いごわごわで体なんて擦った日には、本当の意味で一皮も二皮も剥けてしまうんじゃないかなと本気で不安になったものだ。

 

あの頃の私はきっと、ヒールのせいで硬くなったかかとのアカスリとして今では重宝してるなんて思ってもみなかったと思う。ただ、かかとの垢をいくら削り落としても乾燥させている間のドキドキとワクワクは今でも鮮明に私のカラダが覚えているから不思議だ。

 

幼い頃のあのドキドキとワクワクを感じる機会は格段に減ってしまったが、昨夜、コピーライターとして日々言葉と向き合う人からその感情をおすそ分けしてもらった。

 

f:id:minamaru-0411:20170618112918j:plain

 

 

続きを読む

それでも私は、言葉が好き。〜U-25が思うインターネットカルチャー『インカメ越しのネット世界』刊行記念イベント

 

こんにちは、ゆるみな(@yurumina0411)です!

 

f:id:minamaru-0411:20170606221603j:plain

 

昨晩、(自称)第二の故郷である下北沢の本屋B&Bさんでトークイベントが開催されたので参加してきました!!!!!写真は今回、本を出版されたりょかちさんとの念願のツーショット!!!

 

...嬉しい(泣)一緒に自撮りするの密かに夢だったから顔が引きつってるwww

 

 

  •  会場は下北沢の本屋B&B
  • 本の出版に至るまでの経緯
  • 印象に残った言葉
    • 第3位 自撮りはアバター遊び
    • 第2位 中三から高一になった気分
    • 第1位 これからの時代、ネットで流行るのは絵や動画
  • 最後に

 

続きを読む

人生初体験!夏に向けてブラジリアンワックスで気になる〇〇を脱毛してきた話 ※画像・動画あり

 こんばんは、ゆるみなです!

一昨日、話題のブラジリアンワックス専門店を初体験してきたのでその時の体験レポを書きました。今回は池袋にあるQueen's wax 本店に行ってきました。

 

店内の様子、スタッフの接客、それに実際に体験してみて痛みや効果などはどうなのかということをゆるみなの脳内戦争とともにご覧ください。これから夏に向けてVIOの脱毛を考えている方に少しでも参考になったら嬉しいです!

 

f:id:minamaru-0411:20170604123203j:plain

 

  • ブラジリアンワックスとは
  • Queen's Waxに行ってみました
    • キーボックスのある入り口
    • チャイムで知らせる扉
    • マスク姿の綺麗めなお姉さん
    • 渾身の一言
    • カーテンの向こう側
    • 躊躇なく抜かれる私の子孫たち
    • 激しい行為
    • 気になるあそこの黒ずみ解消
  • メンズにも人気
  • まとめ

 

続きを読む

野望と夢の違いって?〜はあちゅうさんの著書『半径5メートルの野望』を読んで感じたこと

こんばんは、最近ネット上で有名な女性の本を読み漁っているゆるみなです。

私もいつかその前線で戦える人材になりたいというよりなります(本田圭佑信者)

 

  • はじめに
  • 野望とは
  • マイナスのイメージ 
  • プラスのイメージ
  •  野望と夢の違い
    •  半径5メートルの野望
    • 夢への変換
  • 野望から夢へ
  • さいごに

 

 

はじめに

あなたには野望がありますか?

 

はあちゅうさんの著書、半径5メートルの野望を読みました。

f:id:minamaru-0411:20170602181347j:plain

 

続きを読む