農家生まれの文学少女。

ライターとして奔り出しました。

【下北沢】今週が見頃の穴場スポット。桜を満喫するなら代沢緑道に決まりお散歩完全ガイド版。

こんにちは、ゆるみな(@yurumina)です。

 

昨日は天気も良く、気温も暖かかったため下北沢にある「代沢緑道」に桜を見に行ってきました。そこには桜だけでなく、たくさんの「生」との出逢いがあったので写真や動画とともにご紹介しますね。

 

 

f:id:minamaru-0411:20170403161701j:plain

 

 

 下北沢と私。

f:id:minamaru-0411:20170403162122j:plain

 

今年に入ってから毎月、体調を崩しているので流石に危機感を感じて運動がてらお散歩をしてきました。

 

やっぱり天気のいい日に太陽の光を浴びるのはとても気持ちがいいですよね。

 

病み上がりだったので家でゆっくりしようかなとも思ったのですが、引きこもってばかりいると自分が腐っていく感覚に陥るのでふらっと下北沢へ…

 

引っ越してしまったのでふらっと行ける距離ではなくなってしまったんですけど、引っ越してからも週3くらいで通ってます(笑)そのくらい好きが詰まった場所なんですよね。第二の故郷です。

 

 

代沢緑道について。

f:id:minamaru-0411:20170403165147j:plain

 

そんな下北沢には、駅から10分くらい歩いたところに「代沢緑道」という緑と川が綺麗な並木道があります。そこでは「生」との素敵な出逢いがたくさんありました。

 

下北沢駅からの道のり。

 

1.南口を出て、マクドナルドを左手に通り過ぎるように歩きます。

 

2.繁華街を通過するといくつも枝分かれした道に出るのでそこをまっすぐ道なりに進み、王将を右手に見るように進みます。

 

3.そのまま直進すると今度は大きな交差点に出ます。代沢三差路です。そこを右に曲がり、そのまま直進します。

 

4.大通り沿いを左側に、ひたすらまっすぐ進むと、ローソンやバーミアンが見えてきますがまだまっすぐです。

 

5.途中、曲がりたい衝動に駆られても曲がったりしちゃダメですよ、迷子になりますからね。ソースは私。

 

6.しばらく歩くとその道を横切るように緑や木々が続く道が現れます。お疲れ様でした、そこが「代沢緑道」です。

 

代沢緑道での「生」との巡り逢い。

f:id:minamaru-0411:20170403170742j:plain

 

ふらっとなんの目的もなく訪れたのに思わぬ出逢いがたくさん生まれる。それがこの下北沢という街なんですよね。人間関係に疲れたり、ちょっと新しい世界に飛び込みたくなった時、私がこの街を訪れます。

 

そこには、自分の世界を生きる人たちで溢れていて、どんな自分でも受け入れてくれる温かさや安心感があるからなのかもしれません…

 

北沢川文化遺産保存の会の方々との出会い。

f:id:minamaru-0411:20170403180654j:plain

 写真に写っている男性お二人は、『北沢川文化遺産保存の会』という団体のメンバーの方で、通り過ぎる人に声をかけては自作した広報や下北沢の地図を丁寧に配っていらっしゃいました。

 

ーーー

旧郡荏原一帯、中でも世田谷区代田代沢北沢に眠る文化遺産を掘り起こし、それらを文学碑、地図、文章などに記録し、情報発信を行っているボランティア団体である。

北沢川文化遺産保存の会 - Wikipedia

ーーー 

 

わたしも優しい笑顔に引き寄せられて思わず、受け取ってしまった地図。

 

f:id:minamaru-0411:20170403185437j:plain

 

開いてみると、昔の路線やまちが描かれた地図と文化人がかつて住んでいた場所を記載した現在の下北沢の地図がのっていて見ているだけでタイムスリップできる。

 

下北沢がなぜ巨人の街なのか、気になったので尋ねたところ

「昔、世田谷の地で巨人の足跡が見つかって、ダイダラボッチが付けたといわれていてそこから『代田』という地名ができたんだよ。」

と、数々の文学論を書いてきた著者でもあるきむらけんさんから教えて頂けました。

 

ーーー

日本の各地で伝承される巨人である。

ダイダラボッチ - Wikipedia

ーーー

 


いつか下北沢と男鹿半島姉妹都市のようにしたい。という夢打ち明けたら、今度是非お話ししましょうと名刺までいただきました。つながりって大切。

 

桜を見ながら食事ができるフレンチカフェ「vinsante」との出会い。 

f:id:minamaru-0411:20170404164839j:plain

次に紹介するのは、ちょっとリッチなお花見がしたい方必見の緑道沿いにあるオープンカフェ。カフェというか、カジュアルなフレンチレストランかな。

 

はじめ、店名が読めなくてしどろもどろ…。(笑)

 

f:id:minamaru-0411:20170404165340j:plain

この季節限定のコースもあるみたいです。

 

カフェタイムもあるようです。

 

f:id:minamaru-0411:20170404170644j:plain

HP:vinsante

 

facebook

www.facebook.com

 

instagram

www.instagram.com

 

なんと設計したのは建築家の坂茂さん。

casabrutus.com

 

桜の咲いているうちにぜひ足を運んでほしいです。 

 

小川を優雅に泳ぐ、愛〇夫婦との出会い。

f:id:minamaru-0411:20170404171112j:plain

このタイトルだけ見ると、勘違いや誤解を招くかなと思いあえてこれにさせてもらいました。

 

見事に引っかかってくれた方、ありがとうございます。あなたのその純粋な心、大好きです。

 

だいたい予想はしてたしその通りだったって方、すごい。私の心を読む天才ですか、愛してます。

 

要するに、ここまで読んでくれてる人みんな好き()

 

 

f:id:minamaru-0411:20170404171406j:plain

話が逸れました。この2人、いやこの2羽可愛すぎません?愛しすぎません??もう、見てるだけで癒されました。

 

一生懸命ベストショットを撮ろうと試行錯誤してたら、横で同じように撮っていた世田谷のマダムに「ちょっと、アンタ!早くこっちにいらっしゃい!」といきなり呼ばれ何事かと思った合鴨の顔が見えるいいポジション。

 

咄嗟にスマホのカメラを構えたがマダムの「ほら!いまだよ!」という声掛けとともに儚く、後姿ショットに…

f:id:minamaru-0411:20170404171716j:plain

 

まあ楽しかったのは間違いないしマダムとの絆も生まれたから良しとしましょう。

 

無邪気に走り回る子供たちとの出会い。

 f:id:minamaru-0411:20170404185029j:plain

合鴨とマダムに別れを告げ、並木道を歩いていくと何やら元気な声が聞えてきました。


 

代沢せせらぎ公園では親子や子供どうし、仲良く遊んでいるが見られました。みんな、桜よりも遊ぶことに夢中でなんだか少し羨ましい気持ちになりました。



 

でもその反面、自分が少し大人になったことを実感して嬉しくもありましたね。綺麗なものを見て綺麗と言える、そういう心は大人になっても失いたくないものです。

 

 

お花見にもってこいのテイクアウト料理【紹介サイト】

f:id:minamaru-0411:20170404175221j:plain

 

こちらのサイトではお持ち帰りができるお店が分かりやすく紹介されていました。

love-shimokitazawa.jp

 

www.shimokitazawa.info

 

 

終わりに。 

f:id:minamaru-0411:20170404175042j:plain

 いかがでしたでしょうか。上野公園や、代々木公園、千鳥ヶ淵千鳥ヶ淵などの有名スポットに飽きた方、人混みが苦手な方、少し優雅に過ごしたい方、今年のお花見は代沢緑道に是非訪れてみてはいかがでしょうか。

 

ゆるみな。